スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『てとて。』風とりかえばや物語

偏頭痛もちで、胃腸が弱く、貧血気味で若い頃から不定愁訴の多い私。
推拿を始めたのも健やかに日々楽しくすごせたらいいなぁ~と思ったのがきっかけだった。

先日のブログでは、『土用の時期には、消化器系のケアをして過ごそう』というテーマでお話を書いていたのですが、私の場合、笑ってしまうほど、暦通り、教科書通りにその時期に起こりがちなことやケアをした方がよい臓腑に不調をきたすことが多く、その目線で五行論を捉えてしまってたのですが。。

ふと、ある方が書いてくださったコメントを読んで、アレレ?と根本的な疑問が起こったのです。

日々健やか爽快に過ごしている人にとっては、これって『土用の時期』『消化器系』ってどういう意味何だろうって。

ここで、本日のタイトルへ。以下ちょっと想像してみてくださいね。
ある日仙人が枕元に立ち、『この薬を飲むと1日だけ他の人のカラダにするりとアナタの魂が入って、カラダが入れ替わり、その人のカラダで過ごすことできます』と丸薬をくれたとしよう。普段、不定愁訴の多い私は、その薬を手にして、お隣のピチピチといきのよい若者のカラダと入れ替わるのです。

『うわ~、めっちゃ軽やかやん!ご飯もモリモリ食べれるし、走るのも軽々~~!寝つきもいいし、さくさく勉強もはかどるわ~』と、若者のカラダと入れ替わり、ウキウキする私。快眠快便でカラダすっきり爽やか~なそのカラダからすると、土用の時期も爽快なわけですよ。

そういう人には、五行論とかってあんまり意味のないことなのでしょうか?そもそもの話に立ち返ってみると、意味はちゃんとあるのです。ひとつのことも受け手の状況により、異なる捉え方になるだけで。

五行論が教えてくれていることは、この時期は、脾・胃と密接な関係があり、そこを大事にしてケアして過ごすことで、次の季節をより健やかに迎えることができますよ。ということなのです。

養生とは、まず今の健康状態、生活のあり方を的確に判断することから始まって、その結果をふまえて、今より、そして来年は、より一層健康になるためにはどうしたらいいか、という方向性を示してくれる考え方なのです。(グリーンの部分は下記サイトより引用)養生を日々の生活で当たり前に実践し、健やかに過ごせるようになりたい!という願いから私は推拿や中医学を学び、学んだことをブログを通して、皆さんにお伝えしていきたかったんだ!と改めて氣づかせていただけたことに感謝です ・*:.。✡*。

次回は、土用の時期におすすめの食材や知っておくと便利なツボ(経穴)についてまとめて行きたいと思います。

さて、皆さんは仙人から『とりかえばや丸薬』をもらったら、誰のカラダを体感してみたいですか?

2017041920092338b.jpg
(写真は、学生の頃から好きな作家 氷室冴子さんのとりかえばや物語『ざ、ちぇんじ』)

(参考になったサイト)
養生とは←こちらより緑色の部分を引用。





スポンサーサイト

「氣」は、「気」とは異なるものなのです。

今日は、私が推拿を始めるきっかけになった『氣』のお話。

元氣を出して。
勇氣を出そう。
氣を使わないでね。

あれれ。。氣という文字が違うじゃない?
日常に使うのは、元気・勇気といった具合で「気」という文字。
しかし、私の推拿の先生はあえて『氣』という文字を使われる。

漢字の成り立ちを調べてみると、面白くちゃんと意味があるんですね。
气 (きがまえ)の内側が、米とメで全く意味がかわってくるのです。

米は、四方八方にエネルギーが滞りなく流れるイメージ。
そして、お米は古来から私たち日本人の主食でもありエネルギーの源だったわけで。
その一方、メは〆る、止めるというイメージがあります。

推拿の基本の理論となる中医学では、氣は生命エネルギーをあらわしています。
だから、元氣・勇氣のきには氣という文字を使いたい。

生命活動の根源的なエネルギーである氣は、
生まれながらにして持つ『先天の氣』と
食べ物や呼吸から作り出される『後天の氣』から成り立っており、
全部使い果たしたときが、人の寿命と考えられるほどとても大切なものなのです。

推拿に出逢ったのは、疲弊しきっていて立ち上がる氣力もなかった時だった。
その時出逢ったのが、この本。

木村容子さんの『女40歳からの「不調」を感じたら読む本 (静山社文庫)

P_20160425_193400.jpg


面白くて、わかりやすくて、目から鱗の一冊。
あー、人間関係のアレコレ。。しょうもないことあれこれ考えていたら、大切な『先天の氣』を消耗して、早く老け込んでしまうのね。。無駄に氣を消耗しないで、いかにして補うのか…それを知りたくて入った推拿の世界。まだまだ身についているとは言えないけれど、落ち込んだ時、推拿を丁寧にちゃんとすると、施術している側の私のココロも不思議と整うのです。

推拿に出逢わせてくれたこの本に感謝!

氣のお話は深くて面白い。
また、おいおいに。

◎◎『推拿整体 てとて。』の今後の活動予定

6月19日(日) 【週末快癒之会 推拿施術と烏龍茶 その一】 @京都亮茶房

6月28日(火) スイナとお茶でカラダを緩めて整える『ゆる茶会』@ゆらね

7月3日(日) 釜座マルシェ 出展
7月5日(火)  てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)
7月12日(火) てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)
7月17日(日) 【週末快癒之会 推拿施術と烏龍茶 その二】@京都亮茶房
7月19日(火) てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)
7月26日(火) てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)

ご予約・お問い合わせ先
info@tetote-seitai.com



プロフィール

てとて。

Author:てとて。
京都で推拿整体をやっています。
推拿とは、陰陽五行の思想をベースにした手だけで行う中国伝統手技療法です。

推拿のこと。カラダに優しいこと。学んだこと。養生のお話など、日々の徒然をゆるりと綴っていきたいなと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。