スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆる茶会」@ゆらねを開催の巻

今月は、新月の日に釜座マルシェで推拿施術デビューをさせていただき、19日には京都亮茶房さんにて『週末快癒之会』をスタート。

そして、28日火曜日には、伏見の先生のサロン『ゆらね』さんにて、スイナとお茶でカラダをゆるめて整える『ゆる茶会』を開催いたしました。

来月7月の火曜日の夜に、『ゆらね』さんの場所をお借りして、夜スイナをさせていただくことになり、地元伏見のお友達にまずは場所を知って頂こうということで、『ゆる茶会』を開催したわけで。。

第1部は、先生のところで推拿をまなばれたあと薬膳茶の勉強をされた天狗堂さんのオリジナルブレンド薬膳茶『節氣茶』(毎月その時期に起こりがちな症状に合わせたお茶をブレンドされています)と私の用意したお茶うけでゆっくりと過ごしていただく傍ら、お試し推拿体験をしていただくという内容で。

13576592_1023067231110649_1265928949_n.jpg

お茶うけに用意したのは、いちじくの乾物、ドライトマト、アーモンド、くるみ、カリカリ棗。
それぞれとてもカラダに優しいものでかつ美味しい!効能効果はまたおいおいにこのブログにてご紹介していきたいな。。

13510881_1157790627598081_928940641764724677_n.jpg

今回は、サロンの施術ベッドを使って、リラクゼーション効果のある顔・頭の施術や上肢背面の施術などご希望に応じてさせていただきました。『気持ち良かったよ』と言ってもらえたことが何よりもうれしくて。

第二部は、持ちより形式の食事会に。
写真撮り忘れたけど、皆さんそれぞれに美味しい食べ物と飲み物を持ってきてくださって、夜遅くまであれやこれやと楽しいお話をしつつ夜が更けていきました。

忙しい皆さんですが、お友達をお誘いいただいてご参加くださったり、足りないものない?と連絡いれて参加してくれたり、推拿をしている間に来てくれたお友達にお茶やお茶うけを出してくれ、先生が用意しておいてくださった天狗堂さんのお茶の説明をしてくれたり。。と本当に周りの人に沢山助けられての会でした。

いつもいつも、面白くて楽しい仲間たちに見守られて助けられている幸せものの私ですが、推拿を通してみんなが集まりほっこりする場を、疲れた時に思い出して立ち寄ってもらえる場をいつか自分でもてるようになりたいと改めて思った夜でした。

来月からの夜スイナは、

7月19日(火) 18時~21時
7月26日(火) 18時~21時

『ゆらね』さんの場所をお借りして始めます。ご予約、お問い合わせは佐竹までFBメッセージまたは、メール info@tetote-seitai.com  にて承ります。

そして、次の日曜日7月3日は、釜座マルシェ!
前回の反省やあれから考えたことなどが活かせた推拿ができるようになっていたらと願うのです。







スポンサーサイト

陳皮レッドマーブルの『陳皮』とは。

今月は、釜座マルシェの施術デビューにはじまり、色々と始まりの月なのです。

毎月第三日曜日に、台湾茶愛好家の皆さまの間で知る人ぞ知る京都亮茶房さんにて、『週末快癒之会 推拿施術と烏龍茶 』を開催させていただけることになりまして。

いよいよ、あっという間に明日なんでございます~。

ざっくりと説明いたしますと。。
第3日曜日の11時~16時の間は、私と京都亮茶房さんのお弟子さん本田さんの二人でおもてなし。店主の竹内亮さんご考案の台湾茶ベースの漢方茶でほっこりと、ワタクシの推拿施術でゆるりと週末のひとときをお過ごしいただこうではないか!というイベントなのでございます。

岡崎にきたついでに、お茶のみがてら寄ってみようかな~と気楽にお越しいただきたくてイベントはたてておりますが、ご招待は特にお送りしていないというゆる~い茶会なのです。略して、週末ゆる茶会♬

つい先日、この日におだしするお茶2種類が発表になりました☆彡.゚+.(・∀・)゚+.

【スプリングウーロンサワー&陳皮レッドマーブル】

chakai1_n.jpg

写真は、陳皮レッドマーブル

はい、ここからが本日の本題。
陳皮とは、何ぞや。。漢方とか薬膳をされる方にはお馴染みのものなのですが、
ひと言でいうと、『ミカンの皮を干したもの』
なんですが、どんな風にカラダに良いのかを明日の予習に調べておこうかなっと。

chakai1-2_n.jpg

効果として、氣めぐらせ胃腸の働きを助け、氣分をリフレッシュさせてくれる効果があるようです。
棗(なつめ)との相性がよく、お茶などに合わせていれると棗が胃腸の機能を補い、陳皮が胃の氣を巡らせくれるのだそう。

ちょうど、明日のお茶受けに『なつめチップス』を少しだけど用意したので、よかったよかった♬

じめじめとしがちな梅雨時は、胃腸も弱りぎみになりやすいので、
疲れたカラダをほっこりさせるのにちょうどよいですね。

◎◎『推拿整体 てとて。』の今後の活動予定

6月19日(日) 【週末快癒之会 推拿施術と烏龍茶 その一】 @京都亮茶房

6月28日(火) スイナとお茶でカラダを緩めて整える『ゆる茶会』@ゆらね

7月3日(日) 釜座マルシェ 出展
7月5日(火)  てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)
7月12日(火) てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)
7月17日(日) 【週末快癒之会 推拿施術と烏龍茶 その二】@京都亮茶房
7月19日(火) てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)
7月26日(火) てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)

ご予約・お問い合わせ先
info@tetote-seitai.com








「氣」は、「気」とは異なるものなのです。

今日は、私が推拿を始めるきっかけになった『氣』のお話。

元氣を出して。
勇氣を出そう。
氣を使わないでね。

あれれ。。氣という文字が違うじゃない?
日常に使うのは、元気・勇気といった具合で「気」という文字。
しかし、私の推拿の先生はあえて『氣』という文字を使われる。

漢字の成り立ちを調べてみると、面白くちゃんと意味があるんですね。
气 (きがまえ)の内側が、米とメで全く意味がかわってくるのです。

米は、四方八方にエネルギーが滞りなく流れるイメージ。
そして、お米は古来から私たち日本人の主食でもありエネルギーの源だったわけで。
その一方、メは〆る、止めるというイメージがあります。

推拿の基本の理論となる中医学では、氣は生命エネルギーをあらわしています。
だから、元氣・勇氣のきには氣という文字を使いたい。

生命活動の根源的なエネルギーである氣は、
生まれながらにして持つ『先天の氣』と
食べ物や呼吸から作り出される『後天の氣』から成り立っており、
全部使い果たしたときが、人の寿命と考えられるほどとても大切なものなのです。

推拿に出逢ったのは、疲弊しきっていて立ち上がる氣力もなかった時だった。
その時出逢ったのが、この本。

木村容子さんの『女40歳からの「不調」を感じたら読む本 (静山社文庫)

P_20160425_193400.jpg


面白くて、わかりやすくて、目から鱗の一冊。
あー、人間関係のアレコレ。。しょうもないことあれこれ考えていたら、大切な『先天の氣』を消耗して、早く老け込んでしまうのね。。無駄に氣を消耗しないで、いかにして補うのか…それを知りたくて入った推拿の世界。まだまだ身についているとは言えないけれど、落ち込んだ時、推拿を丁寧にちゃんとすると、施術している側の私のココロも不思議と整うのです。

推拿に出逢わせてくれたこの本に感謝!

氣のお話は深くて面白い。
また、おいおいに。

◎◎『推拿整体 てとて。』の今後の活動予定

6月19日(日) 【週末快癒之会 推拿施術と烏龍茶 その一】 @京都亮茶房

6月28日(火) スイナとお茶でカラダを緩めて整える『ゆる茶会』@ゆらね

7月3日(日) 釜座マルシェ 出展
7月5日(火)  てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)
7月12日(火) てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)
7月17日(日) 【週末快癒之会 推拿施術と烏龍茶 その二】@京都亮茶房
7月19日(火) てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)
7月26日(火) てとて。の夜スイナ @ゆらね(18時~21時 要予約)

ご予約・お問い合わせ先
info@tetote-seitai.com



新月の日に、遂に施術デビュー♪@釜座マルシェ

小雨からのスタートだった28年6月5日の日曜日。 私の大好きな場所『釜座マルシェ』にて推拿整体施術デビューしました! 

看板もこの日の為に用意してたんだけど。。 こういうの書くの苦手~ってことで、看板ボードは相棒の祐子さんに書いてもらっちゃいました♬  


20160606202509944.jpg

心強い相棒の祐子さん、お馴染みの出展者さんとの和気あいあいとした雰囲気の中、そして三木先生やerioさんも『ゆらね』の占いブースからみまもってくださっていたので、意外と緊張感はなく、はじまるとあっという間で。 facebookで準備編の投稿をしていたのをみてくれていたお友達やこの日のことを先生から聞いてわざわざかけつけてくれたお姉さんのような大切な人も来てくださって、本当にびっくりしたり嬉しかったりの1日でした。 

この日祐子さんと二人で施術させていただいたお客様は、20人。。 次にお会いした時は、少しでも上達したね~と言ってもらえるようにもっと頑張らないと! 
見えてきた自分の課題
30年後の夢『ちょっとした推拿家のおばあさん』目指して頑張るぞ~

 20160606203548bed.jpg

ショップカードが出来上がる。

いよいよ釜座マルシェ前夜となりました。
釜座マルシェでデビューした後の今後の展開は。。

実は、ありがたいチャンスをいただいており7月から丹波橋の先生のサロンを使わせて頂いて、毎週火曜日の夜にスイナをさせていただけることになりました~。詳細は、またサロンデビュー編で発表させていただく予定です♪

更に、本業の舞坂のお仕事でご縁のある京都亮茶房の竹内亮さんのところでも定期的に月1回気軽に台湾茶と推拿(すいな)を楽しんでいただけるイベントを開催することになりました!

屋号決定から、サロンを使わせていただくお話が決まった時に、ショップカードもつくらないとね~と三木先生のひと言で思いつき、急きょショップカードを作成。マルシェデビュー前夜の今日、ぎりぎ間にあってショップカードが届きました!

P_20160604_225749.jpg

周りの方々に応援していただいて、少しずつ夢を実現させていただけることに感謝です。
長い時間をかけてゆっくりと自分らしい推拿ができるようになりたいと思います。

さ、明日はどんな一日になるか楽しみだな~♬

本日のツボをひと推し:肩井(けんせい)

いよいよ、朝がきたら釜座マルシェ当日!
そして、おさらいしておきたい最後のツボは、肩こりに効くツボ 肩井(けんせい)。
文字からみてもわかるように肩にあるツボで肩こりに効果的。

まずは、場所の説明から。
バストトップから肩に向かって引いた線上で肩の最も高いところの少し前、 首の根元と肩先の真中のあたり。
肩がこったら自然とこのあたりに手がいってモミモミとしている人も多いかもしれませんね~。

血流がわるくなることで起こる頭痛も肩井を刺激することで血行がよくなり緩和されます。
頭部や肩の血行促進を促すツボなのです。

<場所>
バストトップから肩に向かって引いた線上で肩の最も高いところの少し前、 首の根元と肩先の真中のあたり。
胆経の経穴(ツボ)

<効果・効能>
頭痛・肩こり・首コリに。
歯痛
自律神経系のトラブルに。

<参考にしたサイト>
コリキク!
養生灸のススメ

本日のツボをひと推し:天柱(てんちゅう)

釜座マルシェの日が、いよいよ迫ってきました!
残すツボは、あと2つ。

本日は、昨日の風池に引き続き後頭部のツボ 天柱。

この春中学生になったばかりのわが娘。
私に似たせいか、どうやら頭痛もちの道を歩みはじめているようで。。
そう、今回は肩こり・頭痛に効果があるというツボのお話です。

まずは、場所のご説明から。
本日も息子の坊主頭が大活躍♬
(ふふふ、息子よ、もうすっかり後頭部有名人だね。)

風池の内側。頭のうしろのはえぎわ、頭を支える2本の太い筋肉の間のくぼみ
から両側に親指1本分外側にあるツボ。

tenchu.jpg

天柱の天は、東洋医学では「頭」を意味し、頭部を支える柱が天柱。
頭部を支える柱に相当する僧帽筋のこり肩こりからくる頭痛(緊張型頭痛=締めつけられるような痛みが特徴)に効果があるツボなのです。風池、天柱は血行をよくするツボなので、この辺りをもむことで血行が滞ることでおこるタイプの緊張型頭痛の緩和に役立つのだそうです。頭部や首の凝り・疲れを取り、血液の循環を良くするツボなのです。

そして、経絡でいと、水分代謝と関わりのある膀胱系経絡にある経穴(ツボ)です。
水分代謝に関わりがある膀胱系といえば、むくみとかもとれるんじゃないか?
と思ったら、やっぱりそう♡女子に嬉しい効果がここにある~

まぶたのむくみ解消、顔のむくみ解消に効果のありだそう!
あー、もうこれは、どんぴしゃりとオトナ女子におすすめのツボ。
顔のむくみがとれたら、小顔効果も期待できる!?

頭痛はもとより、前日にお酒を飲みすぎたな~とむくんだ顔が気になるときに、天柱をひと推し!

<場所>
風池の内側。頭のうしろのはえぎわ、頭を支える2本の太い筋肉の間のくぼみ
から両側に親指1本分外側にあるツボ。
膀胱経の経穴(ツボ)

<効果・効能>
頭痛・肩こり・首コリに。
眼精疲労・目の疲れ・疲労感、ストレスなど自律神経系のトラブルに。
代謝をあげ、顔やまぶたのむくみ解消に。

<参考にしたサイト>
ツボ道場
肩こり・頭痛に効く天柱と風池のツボ療法
ゆたり


本日のツボをひと推し:風池(ふうち)

いよいよ6月になり、釜座マルシェでの推拿デビューまであと少し!
これまでワクワクと楽しんで準備をすすめてこれたのだけど、あと3日!?と思うと段々とドキドキ感がアップしてきた~

そして、おさらいしておきたいツボはあと3つ。 

風池・天柱・肩井

この3つは、首や肩の施術の際にさわるツボ。
あー、ソコソコ!痛気持ちいいねん。。って方が多いところです。

本日は、胆の経絡で、目の疲れに効果があるツボ 風池(ふうち)のお話。

まずは、場所のご説明。
今日は、野球部一年の息子の坊主頭がモデルで大活躍~
左右の耳たぶの後ろの骨のでっぱりを超えたところの窪み。
いた気持ちいい反応があるところ。

fuuchi.jpg

眼精疲労肩こり、めまいなどの自律神経系のトラブルに効果があるツボなのですが、理由がちゃんとありまして。。

五行では、春と深い関わりがあるのが肝(かん)といわれています。
そして肝と密接な表裏関係にあるのが胆。

のびのびと抑圧されずに自由にすくすくと育つ木のイメージ。
それを何かに邪魔されるとストレスの影響で、情緒不安定になったり、自律神経の乱れから起こる頭痛やめまい、疲労感など、自律神経系のトラブルの原因となるようです。

肝・胆は自律神経系の経絡ともいえますね。

そして、中医学では「肝は目につながる」といわれており、春先に肝の養生を怠り肝の血が不足して、十分な栄養が行きわたらないと、眼精疲労やドライアイ、視力低下など目に諸症状が現れるといわれているのです。

働くお父さん、頑張るオトナ女子、勉強に励む(ゲームじゃなくてよ~)学生さんにおすすめのツボなのです♬
目の疲れ、過度なストレスや疲労感を感じたら、風池をひと推し!

<場所>
左右の耳たぶの後ろの骨のでっぱりを超えたところの窪み。
胆経の経穴(ツボ)

<効果・効能>
眼精疲労・ドライアイなどの目のトラブル。
頭痛・めまい・疲労感などの自律神経系のトラブル。


<参考にしたサイト>
中国漢方・中医学のイスクラ産業株式会社のHP
自律神経失調症ガイド
コリキク!


プロフィール

てとて。

Author:てとて。
京都で推拿整体をやっています。
推拿とは、陰陽五行の思想をベースにした手だけで行う中国伝統手技療法です。

推拿のこと。カラダに優しいこと。学んだこと。養生のお話など、日々の徒然をゆるりと綴っていきたいなと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。