スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のツボをひと推し:合谷(ごうこく)

6月5日の推拿デビューまで、いよいよカウントダウンに突入した感あり。。
ドキドキ、わくわくしているワタクシと相棒の祐子さん。
各自が、その日に備えておさらいにいそしんでおります。

今回は、マルシェ用に先生も一緒に考えてくださった施術内容なのですが、首・肩・腕を中心に15分行う予定なのです。

腕の施術の際には、大腸経の経絡にも推拿をしていきます。
前回からに引き続き、大腸経のツボ3つ目の合谷(ごうこく)のお話です。

これまた、とてもよく知られているツボ(経穴)で、万能のツボ最強のツボとも言われているそうです。

まずは、場所のご説明。手の甲の親指と人差し指の骨が合流しているあたり。
ちょうど谷間ではなくて、谷間から人差し指よりにある骨のくぼみのところです。


合谷1


合谷2

大腸経のツボなので、曲池でも出てきた因果関係から、消化器系はもちろん頭痛にも効果があるのです。
習った時も、効き目が多すぎて覚えきれない~て思った記憶がよみがえってきたぞ。。

覚えておくと便利なのが、痛みを麻痺してくれるツボということ。
歯が痛い、頭痛がする、生理痛が。。
でも今すぐ薬とか飲めないわ~、横になれないわ~ってときに合谷をそっと推しましょう!
合谷を推すと脳に伝わった刺激で、エンドルフィンというモルヒネのような痛みを和らげてくれる物質が大量に分泌されて感じている痛みを麻痺してくれるんだって。これまたオトナ女子に嬉しいツボですね♡

<場所>
手の甲の親指と人差し指の骨が合流しているあたり。
ちょうど谷間ではなくて、谷間から人差し指よりにある骨のくぼみのところ。
大腸経の経穴(ツボ)

<効果・効能>
便秘や下痢などの際にお腹の調子を整える。
頭痛・歯痛などの頭部に。
首や肩などの痛みに。
健忘、無気力、不安、ねつけないなどの精神的な症状に。
生理痛などの痛みの緩和に。

<参考にしたサイト>
視力回復研究ノート
せんねん灸 とっておきの13のツボ




スポンサーサイト
プロフィール

てとて。

Author:てとて。
京都で推拿整体をやっています。
推拿とは、陰陽五行の思想をベースにした手だけで行う中国伝統手技療法です。

推拿のこと。カラダに優しいこと。学んだこと。養生のお話など、日々の徒然をゆるりと綴っていきたいなと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。